母「夕食作った♀だけど質問ある?」

母「夕食作った♀だけど質問ある?」
父「おっさん死ね」
母「ちなみにカレーを作りました」
兄「カレーンゴwwww」
妹「やるじゃん」
姉「くっさ」
母「19:00までに500いったら肉うp」
父 ——–終了——-
兄 ——–再開——-
妹「兄とか言うやつマジうぜェ消えろカスそれより肉のパスなんなの?」
母「ジャガイモしかありません・・・」
姉「↑誤爆?」
兄「暴れんなよ!肉のことが好きだったんだよ(迫真)」
父「ほらよ肉>家族」
妹「なんだこいつ良いやつじゃん」
兄「せやな」
母「じゃがいもの美味しさが分からんとかさすがゆとり」
妹「なにこいつソース出せよ」
父「ソースって何だよ」
兄「なんでソース出す必要があるんですか(正論)」
姉「ニコ厨消えろ」
母「そろそろ出かけるのでアkレーを保守しといてください」
父「アフィアフィアフィアフィ」
妹「兄とか言うやつのせいで一気につまらんくなった」


昨日、近所の吉野家行ったんです。吉野家。

昨日、近所の吉野家行ったんです。吉野家。
そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいで座れないんです。
で、よく見たらなんか垂れ幕下がってて、150円引き、とか書いてあるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、150円引き如きで普段来てない吉野家に来てんじゃねーよ、ボケが。
150円だよ、150円。
なんか親子連れとかもいるし。一家4人で吉野家か。おめでてーな。
よーしパパ特盛頼んじゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、150円やるからその席空けろと。
吉野家ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
Uの字テーブルの向かいに座った奴といつ喧嘩が始まってもおかしくない、
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。
で、やっと座れたかと思ったら、隣の奴が、大盛つゆだくで、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、つゆだくなんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、つゆだくで、だ。
お前は本当につゆだくを食いたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、つゆだくって言いたいだけちゃうんかと。
吉野家通の俺から言わせてもらえば今、吉野家通の間での最新流行はやっぱり、
ねぎだく、これだね。
大盛りねぎだくギョク。これが通の頼み方。
ねぎだくってのはねぎが多めに入ってる。そん代わり肉が少なめ。これ。
で、それに大盛りギョク(玉子)。これ最強。
しかしこれを頼むと次から店員にマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前らド素人は、牛鮭定食でも食ってなさいってこった。


母「【朗報】ママ将、夕食を完成させる」

母「【朗報】ママ将、夕食を完成させる」
父「詳細ハラデイ」
母「メニューはカレーやで」
兄「お、カレーゥー!」
妹「カレーはパクーで」
姉「カレーごときで騒ぐのやめてくださいよ! 殺すぞ。ムカつくんじゃ!」
母「おもんねーわ」
父 ——–濃霧コールド——-
兄 ————33-4———–
妹「なんでや!阪神関係ないやろ!それより肉クレメンス」
母「ジャガイモあげるやで~」
姉「なにいってだこいつ」
兄「こんにちは、カレーのタマネギです」
父「肉をやる喜び」
妹「ええの獲ったわ!!」
兄「タマネギンゴwww」
母「見つけ次第殺せ」
兄「タマ川ネギ児www」
姉「ネギカス最低やな」
母「やっぱりネギカスってクソだわ」
セールスマン「くっさいくっさい焼き豚の巣はこちらwwww」
母「サカ豚氏ね」
父「俺は嫌な思いしてないから」
兄「タマネギスコwww」
妹「うーんこの兄」


母「おい、おまいら!!夕食ができますた。リビングに集合しる!」

母「おい、おまいら!!夕食ができますた。リビングに集合しる!」
父「詳細キボーヌ」
母「今日はカレーですが、何か?」
兄「カレーキターーーーーーーーー」
妹「キターーーーーーーーーー」
姉「カレーごときで騒ぐ奴は逝ってヨシ」
母「オマエモナー」
父 ——–終了——-
兄 ——–再開——-
妹「再開すなDQNが!それより肉うpキボンヌ」
母「ジャガイモうp」
姉「↑誤爆?」
兄「タマネギage」
父「ほらよ肉>家族」
妹「神降臨!!」
兄「タマネギage」
母「糞タマネギageんな!sageろ」
兄「タマネギage」
姉「タマネギage厨uzeeeeeeeeeeee!!」
母「ageって言ってればあがると思ってるヤシはDQN」
セールスマン「イタイ家族がいるのはこの家ですか?」
母「氏ね」
父「むしろゐ?」
兄「タマネギage」
妹「兄 、 必 死 だ な ( 藁 」